HOME  > コンテンツ  > 労使トラブル・労務相談事例

労使トラブル・労務相談事例

当事務所では、こんな労務相談にお答えします。

これまでにあった労使トラブル・労務相談事例

 労務相談が増えております。御社で以下のような点で頭を悩ませてはいませんか?

残業を拒否する社員がいます。どう対応すれば良いのでしょうか?

 

社内の役職者が、管理監督者にあたるとして、時間外手当を支給していなかったのですが、労基署から是正勧告を受けました。どう対応すれば良いのでしょうか?

 

業務研修について、時間外手当を請求されました。どう対応すれば良いのでしょうか?

 

自宅で行った仕事について、残業代を請求されました。どう対応すれば良いのでしょうか?

 

退職予定の従業員から年次有給休暇の一括取得の申請がありました。業務引き継ぎに支障が出てしまいます。どう対応すれば良いのでしょうか?

 

退職予定の従業員から年次有給休暇の一括取得の申請がありました。業務引き継ぎに支障が出てしまいます。どう対応すれば良いのでしょうか?

 

入社してすぐ辞めていく従業員がいます。どう対応すれば良いのでしょうか?

 

退職金制度は、必ず設けなければいけないものなのでしょうか?

 

平成22年4月、労基法の改正により、割増賃金率が増えると聞きました。どのような点に気を付ければ良いでしょうか?

 

残業代を含め、役職手当を支給しているにもかかわらず、従業員から残業代未払い賃金があると言われました。どう対応すれば良いのでしょうか?

 

住宅手当を支給しています。割増賃金の基礎に含める必要があるのでしょうか?

 

皆勤手当を支給しています。割増賃金の基礎に含める必要があるのでしょうか?

 

所定労働時間を7時間30分にしていますが、これを超えた場合、割増賃金を支払わなければいけないのでしょうか?

 

自主残業について、従業員から残業代を請求されました。どう対応すれば良いのでしょうか?

 

半日休暇を取得し、午後から出社した従業員から、終業時刻以降の残業代を請求されました。どう対応すれば良いのでしょうか?

 

早出残業と遅刻は、時間外労働で相殺しても構わないものでしょうか?

 

割増賃金の計算での端数処理はどこまで認められるのでしょうか?

 

36協定はどのような場合に必要なのでしょうか?

 

36協定について、有効期間を定めなければいけないのでしょうか?

 

36協定について、自動更新にすることはできないのでしょうか?

 

特別条項付き36協定とは何ですか?

 

特別条項付き36協定の「臨時的なものに限る特別な事情」とは何ですか?

 

パートを正社員に登用した場合、年休付与はどう考えれば良いのでしょうか?

 

従業員が嘘の理由で、年次有給休暇を取得しました。無断欠勤として処理できるのでしょうか?

 

年次有給休暇について、使用者には「時季変更権」があると聞きました。どのような場合に認められるのでしょうか?

 

年次有給休暇を従業員に付与しなかった場合、罰則があると聞きました。どのようなものですか?

 

懲戒処分にはどのような種類があるのでしょうか?

 

懲戒処分により従業員に対して始末書の提出を求めましたが、提出しません。始末書を提出しないことを懲戒処分にできるのでしょうか?

 

懲戒処分により従業員を減給にしたいのですが、「向こう3ヵ月、賃金1割カット」」は問題ないでしょうか?

 

従業員を懲戒解雇したいと思っていますが、懲戒解雇はどのような場合に認められるのでしょうか?

 

解雇を争う裁判で負けた場合、どうなるのでしょうか?

 

悩む前に、まずは当事務所へご相談ください。

 労働法令は毎年のように改正されています。平成22年4月の労基法の改正により、更に労使トラブルが増加することは容易に予想されます。これほど時代の流れが早い中で、思い込みや根拠の無い判断で従業員に対応することは、企業リスクを高めることに他なりません。労務管理全般において、お悩みの際は、労働法を専門とする当事務所へお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ(平日9:00〜18:00)
042-513-4970
メールでのお問い合わせ
プリンタ用画面
前
助成金と就業規則
カテゴリートップ
TOP
次
改正労基法が中小企業に及ぼす影響

menu

社会保険労務士(社労士)による 就業規則作成 変更 解雇・労働問題の未然防止 社会保険 労働保険 賃金制度 労務相談 労務管理 労働基準法の解説他
立川市 八王子市 他 東京都(東京)全域 横浜市 川崎市 相模原市 他